【ボーナスの使い道】グランドセイコークォーツ式購入をおすすめする3つの理由

腕時計
だいず
だいず

こんにちは!だいずです!

いつもであれば新しく発売された商品を中心にご紹介をしていくところですが
今回は『腕時計を所有すること』について自分の考え方をブログに書いていこうと思います!

新年度から約2ヶ月
新入社員の方も入社してから少しずつ仕事に慣れてきた頃ではないでしょうか?
最近では Apple Watch の普及もかなり進んできており
仕事中でもスマートウォッチをつけた新入社員の方をちらほら見かけるようになりました

しかし!だいず的には
初任給やボーナスでは是非一生使える腕時計の購入を検討してみてほしい
と考えています

それは何故かというと

  • 社会人で初めて購入した時計は思い出に残るから
  • 上司同僚の話のネタになるから

その中でも特に
グランドセイコークォーツモデル
についてはだいず的にも一番のおすすめモデルと言えます
自分自身も就職当初の給料とボーナスを使ってこのクォーツ式モデルを購入しました

スーツと合わせて嫉妬毎日使うのも非常に良いのですが
だいず的には
大切な時間・人と過ごす時につける時計
としておすすめのモデルとなっています

そしてグランドセイコークォーツモデルを勧める理由は下記の通り

  • 会社入社直後でも手が届く価格帯
  • 高精度で管理に手間が必要ない
  • 真面目なイメージは持ってもらえる

ボーナスの使い道を考えている方は今回の記事をぜひ読んでみてくださいね!

それでは早速やっていきましょう

初任給orボーナスでの買い物は必ず思い出に残る

これは既に働き始めた人は共感してもらえるのではないかと思いますが
初任給での買い物って本当に記憶に残るんですよ
学生生活が終わり社会の一員として考え方が変わっていく…
その意識の変化が形として残るからなのか初任給で買ったものは強く印象に残ります

だいずの場合は

初任給 → 家族へのプレゼントに
それ以降の給料+ボーナス → グランドセイコーのクオーツモデル購入

に当てまして

実際に購入にあたっては研修先で色々な店に入って腕時計の現物を見たり
同僚とカタログを見ながらあーでもないこーでもないとたくさん話したことをよく覚えていて、選ぶこと自体も楽しめた記憶があります

そのため、だいずは入社直後の給料で腕時計を購入することをおすすめしています

同僚上司との話のネタになる

先ほどは腕時計を選ぶ際に同僚と話したという風に書きましたか
一方で上司との会話としては
いい時計つけてるね
とお決まりの会話は外せませんよね!

もちろんだいずも経験を……しませんでした
実はこれ!本当はめっちゃしたかったんですよね!!
ただなかなか配属先の関係からも腕時計をする文化がなかったのでどうしようもなかったのです…

しかし!初任給の使い道については初めの頃の飲み会で必ずと言っていいほど話題になります
そんな時に選ぶ過程も含めて腕時計の話をすると
40代から50代の課長部長クラスの人と意気投合できる
という点でも非常に話のネタになるアイテムだという風に思います

初めての腕時計はグランドセイコーのクオーツモデルがおすすめ!

ここからはグランドセイコーのクオーツモデルについておすすめをしていきたいと思います

会社入社直後でも手が届く価格帯

働き始めることで学生の頃と比べると手元の金額もぐっと増えると思いますが
初めから余剰金を出すのは難しい状態であると思います

最近だと大卒の初任給の平均月収は約22万円
なかなか生活費以外のお金を捻出することも難しいですよね…

一方で機械式とクオーツ式のエントリーモデル購入を考えたとき
機械式    約30〜40万
クォーツ式 約20〜30万

とおおよそ10万円ほどは価格差が出てくるようになります

懐事情を考えるとクォーツ式を購入するという選択肢は
入社から1ヶ月から3ヶ月の間で頑張って切り詰めれば何とか手が届く範囲になってくるのではないでしょうか?

ただやはり高額な買い物には間違いないので
もし可能であれば一度店に足を運んで現物を確認してみたり
レンタルサービスなどを活用して実際にものを見てみる必要はあると思います
自分の新入社員時代に知っていれば使っていたと思います

ブランド腕時計レンタルサービス「KARITOKE」

高精度で時間がずれない = 故に管理に手間が必要ない

今まであまり時計に興味がなかった人はイメージしづらいのかもしれませんが
腕時計はおおよそ機械式・クォーツ式に分類されます

機械式腕時計はゼンマイの力で動くため毎日ゼンマイを巻かないと止まってしまいます
→実際には着用して日常生活を送ることで巻き上げができるものもありますが手でカリカリとリューズを回すかして何かしらの外力で巻き上げが必要になります

一方で駆動源が電池であるためクォーツだとその手間は必要ありません

だいずの使い方は常に日常生活でつけるものではなく
大切な時間を過ごす・共有する
といった使い方なので久しぶりに使おうと思った時に止まっていない点はメリットとなります

また通常のクォーツ式であれば
月度に発生する時間誤差(月差)が±15秒というところが一般的な精度になるのですが
このグランドセイコーの場合は(年差)が±10秒と言う次元が異なる精度を誇ります

たまに使うときにすぐに使える・時間のズレもない
こういう当たり前だと思いがちになってしまう時計としての役割がしっかりしている点
これもグランドセイコーのクォーツを選んだ理由となっています

真面目なイメージを持ってもらえる

だいずはこのグランドセイコーを合コンでもよくつけていました
もしかしたら合コンで出会う人が運命の相手かもしれないので
大切な時間であることには間違いないですよね(笑)

合コンに行った時に良い時計をつけていたらモテる
とよく聞くのですが本当に効果があるかよく分かりません

相手の身につけてるものをどこまで見てるのかなよく分かりませんし
見ていたとしても相手が知らなかったら意味ないですよね

ただ相手に話すときに
「自分はこういう人間です」という意識をしようとしたとき
このグランドセイコーが持つ真面目なイメージが実際に話し方に出るんじゃないかな…
と個人的には思っています

自分だけかもしれませんがやっぱり
つけてる時計とその人のイメージって結構近いんじゃないな
と思います

ちなみに妻と出会ったときにつけていた時計も初めて買ったグランドセイコーでした(笑)

まとめ

今回は『腕時計を所有すること』について自分の考え方をブログに書いてきました

だいず的には
就職後の給料とボーナスを使ってこのクォーツ式モデルを購入することをおすすめしています

グランドセイコークォーツモデルを勧める理由は下記の通り

  • 会社入社直後でも手が届く価格帯
  • 高精度で管理に手間が必要ない
  • 真面目なイメージは持ってもらえる

6月に入りボーナスの使い道もそろそろ考え出す頃
ぜひ皆様もグランドセイコーの購入を検討してみてくださいね!

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました