【PDCAサイクル×家計管理】わが家の家計管理術をご紹介!!

考え方
だいず
だいず

こんにちは!『だいず』です

本日はビジネスツール(PDCAサイクル)を用いた

私たちの家計管理術についてご紹介したいと思います!

わが家の家計管理術紹介

PDCAサイクルとは?

そもそもPDCAって何?

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

PDCAサイクルは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)の頭文字を取ったもので、1950年代、品質管理の父といわれるW・エドワーズ・デミングが提唱したフレームワークです。

https://www.nri.com/jp/knowledge/glossary/lst/alphabet/pdca

PDCAとは本来、品質管理の手法として使用されています
しかしその汎用性は高く
仕事の進め方やプロジェクトの管理にも活用されています

だいず
だいず

企業では『トヨタ』での活用事例がよく紹介されていますね!

PDCAを活用した家計管理術とは?

そしてこのPDCAは

家計管理でもめちゃくちゃ使えるんです!

具体的には、4つの項目は以下のように当てはまります

Plan(計画 『予算』の作成

Do(実行)… 日々の収支を『管理』する

Check(評価)… データを『まとめる』『確認』する

Action(改善)新しい改善案を『考える』

わが家での活用方法

以前の記事でも書きましたが

夫婦は2人分の資産・収支を合わせて管理を行っており

さらに、共働きである私たちは『家計は二人で管理する』ことを常に意識しています

具体的には↓のような分担になります

だいず担当

  • 『予算』の作成
  • 定期的にデータを『まとめる』

しーちゃん担当

  • 日々の収支の管理

そして、最も重要な『確認』や改善案の『考案』は、ふたりで行っています

ふたりの担当

  • まとめたデータをふたりで『確認』する
  • 新しい改善案をふたりで『考える』

それぞれで役割を持つことで

  • 家計に興味を持つ
  • 相手任せにしない

ようにすることができ、

さらに自分の得意分野を生かした担当とすることで
ストレスも少なく運用することが出来るようになります

また
PDCAサイクルについては
詳しく実例をかいてくれている書籍・サイトも多く
悩んだ時などはたくさんの成功例を確認できる点は
非常に大きなメリットとなります

だいず
だいず

どんなことにも応用できる内容です!

是非、家計を管理する上での考え方の参考にしていただければ幸いです

コメント

タイトルとURLをコピーしました