【「予算」のススメ】家計管理で欠かせない「予算」の考え方をご紹介!

考え方
だいず
だいず

こんにちは!だいずです!

今回は家計の予算について
考え方を書いていきたいと思います

皆さん予算と聞くとどんなイメージを持ちますか?

  • 会社が立てる小難しいもの…
  • 絶対に達成しないといけない目標…
  • 考えると頭が痛くなる言葉

こんな感じて
予算と聞くと少し身構えてしまうかもしれませんね

ただそんなに難しいものではなく
このように考えてみてはいかがでしょうか

目標を達成するために必要なお金の計画

難しく考えるより
自分がなりたい姿になるための計画
と思ってみると
少しやってみても良いかなという気持ちになってくると思います

例えば

???
???

年に1度は腕時計を買いたいので
出費を抑えて年間で5万円を貯金をする!

などなど

これはだいずの例ですw

逆に

???
???

ネットに書いてあったから
とりあえず100万円を年間貯めるぞ!

と意気込んでも
少しでもうまくいかないと
管理自体が嫌になってしまったり…

このように
目標を定めるだけで一気に
「予算」作りと運用が楽になります

「予算」のポイントは次の2つです

  1. なりたい自分をイメージする
  2. そのイメージを実現する計画を立てる

それでは早速予算の作り方について
説明していこうと思います

1.なりたい自分をイメージする

それでは
なりたい自分をまずはイメージしてください
といきなり言われても難しいですよね

少し考えるうえでのコツを紹介したいと思います

上の冒頭部分ですでに私の目標の例を出しています

年に1度は腕時計を買いたいので
出費を抑えて年間で5万円を貯金をする

実はこれでは「△(さんかく)」
もっといい表現は

年に1度新しい腕時計をつけることができる自分になりたいので
出費を抑えて年間で5万円を貯金をする

です

最終的な状態は一緒なのですが
する(Do)」と「なる(Be)」が違っているんですね

なぜこんな言い換えをするかというと

成功体験は
「なる(Be)」の経験は長く記憶に残る一方で
「する(Do)」は短期的な記憶しか残らないから

私も前まで「する(Do)」しか意識しておらず
お金を貯めて腕時計を買おう買おう
と考えていました

いつしか、
新しい時計を買うことが幸せ
と感じるようになってしまい買ったらそれで満足
すぐに購入する時計は何にするかばかり考えるようになっていました
そして、せっかく買った時計がくれる
幸福を感じることはほとんどありませんでした

これではせっかく買った時計がもったいない!と感じ
「なる(Be)」を意識するようになりました

「なる(Be)」 になると正のサイクルがどんどん回るようになってきます

  • 定期的に好きな時計が買える自分に満足
     ↓
  • 更に時計をつけている自分にも満足
     ↓
  • さらにさらに時計をつけるたびに嬉しい気分を味わえる

一度成功感じることができればもうこっちのものです
これから予算を立てて
なりたい自分になるのが楽しみで仕方なくなってきます

このように、ちょっとした言い方の違いですが
なりたい自分をイメージする際には
未来でどんな自分でありたいのか?考えてみるといいと思います

2.そのイメージを実現する計画を立てる

イメージが出来上がった次は計画の作成です
計画作成の方法としては
製造現場でよく問題解決の手法として使用される
QCストーリーが役立ちます

QCストーリー

  • 現状を把握
  • 目標を設定
  • 要因を解析
  • 対策を実施
  • 効果の確認

ひとつひとつが重要で
これらの詳細を書くと非常に長くなってしまうため今回
は割愛しますが端的に書けば
この中で以下をすれば予算が決まってくると思います

QCストーリー

  • 現状を把握

 →1ヶ月分の家計簿をつける
 →いくらお金が入って何にお金を使っているのかを知る

  • 目標を設定

→目標金額と現状の差を目標として定める

  • 要因を解析
  • 対策を実施
  • 効果の確認

このとき
出費項目を分けるときは
まずは一般的なテンプレートを使うようにしましょう
具体的にはこんな感じ

  • 固定費と変動費を分ける
  • なるべく事例が多い分類に区切る

最終的には自分にとって管理しやすい項目
に変えていけば良いと思うのですが
はじめは
他の人の家計と比較してみて
どこに改善点があるか調べて見るほうが良い
と思います

実際も自分は家計管理を始めた頃は
他ブロガーさんの家計紹介を参考に
改善点を考えていきました

これを期限付きでいつまでに改善する
と決めてやればそれだけで「予算」として使えるようになってきます

ぜひネットに上がった
有益な情報も活用するようにしてくださいね

まとめ

今回は予算のお話をしてきました

  1. なりたい自分をイメージする
    • 「Do(する)」でなく「Be(なる)」を意識する
  2. そのイメージを実現する計画を立てる
    • QCストーリーを活用
    • 現状把握を行う場合は
      • 固定費と変動費を分ける
      • なるべく事例が多い分類に区切る

予算作りに悩んでいる方の
少しでも家計改善のお役に立てれば幸いです

本日もありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました